⚐ カフェ風コーディネート

 

食事をしたりティータイムを過ごしたり、

本を読んだり手紙を書いたり。

別空間でありながら

日常の当たり前のことをしながら過ごすカフェのインテリアは、

真似しやすく、住まいに取り入れやすいかもしれません。

キッチンやダイニングのワンスペースだけでも、

ちょっと真似することで、スムーズな動線の確保や使い易い配置にも繋がり、

日頃のルーティンが快適にこなせるようになるなど

見た目だけでなく機能面においてのメリットも期待されます。

そんなカフェスタイルにぴったりの、

欧米のキッチンでよく見かけ、日本でもブームとなった

保存瓶のガラスを使用した照明をご紹介します。

 

CANY ~ ペンダントライト  キャニー  ¥5,400-

メイソンジャーのリプロガラスボトルを使用したペンダントライト。

メイソンジャーとは…

1858年創立のボール社が手掛けた保存瓶。

ヴィンテージ感漂うデザイン性と、ダブルキャップによる密封性の高さが特徴。

においがつきにくく頑丈に作られており、機能性に優れています。

 

ガラスシェードの文字はエンボス加工。

.

.

.

.

.

.

.

シェードのサイズ:Φ11.5×22㎝

コードの長さ:約90㎝

0.8kg  ガラス、スチール

ジャーのフタの部分はブラックに塗装したものを採用し、

シックで落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

1950年代当時に使用していた ねじりコードを復刻。

インテリアとしての価値が高まり、レトロ感もアップしています。

こちらはLED電球を使用していますが、

使用する電球によっても、随分雰囲気が異なってきます。

明るさの目安は4.5畳ほど。

周囲がほのかに明るくなるノスタルジックな灯りは、

エントランスや廊下に使用するととても雰囲気が出ます。

キッチンカウンターやダイニングで

ライティングレールを用いて複数吊るす多灯使いを楽しんだり、

ワークスペースや読書灯としてスポット的に配置したり。

簡単にでき部屋の印象を大きく変えるのが照明の模様替えが

インテリアコーディネートはもちろん、

毎日の暮らしの色々も快適にしてくれそうです。

インスタグラムはこちらから( Ꙭ)☆

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします✩︎⡱

スタッフ一同

 

●上記購読するボタンをタップして、お手持ちのスマートフォンに「Push7」というアプリをインストールしてください。 最新記事が届くようになります。※通知を許可に設定してください。アプリは無料で利用できます。